スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 白馬岳から唐松岳縦走

ごめんなさい、しつこく回顧録です。知られざる山の魅力を感じて頂ければ幸いです。

2011年9月23日~25日白馬岳・不帰ノ嶮・唐松岳の記録です。

1日目、白馬大雪渓を登り白馬岳頂上宿舎にて幕営、夕方より雪が降りだす。
2日目、杓子岳・白馬鑓ヶ岳をピークハントしスリリングな不帰ノ嶮を楽しみ唐松岳登頂。唐松岳頂上山荘にて幕営。
3日目、八方尾根より下山。

初日より待望の雪で夜はさすがに冷え込にだが寝袋は厳冬期用だったので隙間だらけのツェルトだが快適に眠る事ができた。
2日目はうっすらと雪化粧の山は輝き美しかった。縦走路はアップダウンの連続で不帰ノ嶮に着くころには脚はヘロヘロ、結構危険な岩場通過もあり緊張したがテン場からの日本海に沈む夕日に映し出される立山・劔岳は感動的であった。

白馬大雪渓は大賑わい
P9230483 -1

うっすら雪化粧の白馬岳頂上山荘のテン場
P9240525 -1

2日目、朝日に輝く杓子岳へ続く縦走路
P9240554 -1

エビのシッポ
P9240560 -1

白馬岳と杓子岳
P9240596 -1

白馬鑓ヶ岳、いい斜面です。この下には温泉があります。
P9240611 -1

この先は不帰ノ嶮=カエラズノケンと呼びます。帰宅厳守=必ず帰れとはなんとも気の利いた一言です。
P9240615 -1

かなりの岩場です
P9240658 -1

恐怖の一本橋あり
P9240665 -1

滑りそうな岩場あり
P9240676 -1

ようやく唐松岳が見えてきました。
P9240688 -1

唐松岳頂上より山荘
P9240697 -1

我が家の移動式絶景の宿です。
CIMG2970.jpg

日本海に沈む夕日に映し出される劔岳、遠く富山の街の灯りが確認できます。
P9240728 -1

最終日の朝も快晴、五竜岳へ続く稜線に朝日があたり美しい。五竜岳へも行ってみたくなります。
P9250793 -1

夜明けの雲海の下に白馬村が見えます。
P9250754 -1

歩いてきた峰々、岩肌がなんとも言えず美しい
P9240655 -1
P9250845 -1
P9250847 -1


八方池では縦走してきた稜線が一望できちょっとうれしい
P9250865 -1

もうすぐ稲刈りの季節でした。
P9250913 -1









スポンサーサイト
Category: 登山

コメント

No title

毎度です。登らなくてはけして見れない光景をみさせていただき感動&足が縮む思いです。雲海の下の村並みいいですねー!

2015/09/06 (Sun) 06:56 | 疾風 #9X1jVOz2 | URL | 編集

すごい!絶景ですね!
ぜひ今度は大雪山系を縦走を!

2015/09/06 (Sun) 07:12 | リラまま #- | URL | 編集
No title

疾風さん

そう言っていただけて光栄です。PCの写真を見返したら意外と綺麗なのでアップしてみました。雲海の下の村はかなりレアな一枚かもしれません。この時が最初で最後です。

2015/09/07 (Mon) 16:54 | パウ父 #- | URL | 編集
No title

リラままさん

大雪山系もすべて縦走したいです。長期休暇取れたら飛んでいきます。
そうなったら知床連山も行っちゃいますよ!
クワンナイ川からトムラウシなんて最高です。

2015/09/07 (Mon) 16:58 | パウ父 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。