スポンサーサイト

10/21 霞沢岳日帰り

ばっちり大陸からの高気圧圏内と言うことでまだ未踏峰の霞沢岳、全行程22㎞を日帰りで登ってみた。前夜、バスの上高地到着時間がアカンダナより40分早い沢渡BT にて幸せの車中泊。晩酌しながら計画書書いて就寝。翌朝は予定通り5時40分発の始発に乗り込む。車窓から見る大正池と穂高は最高だった。バスは行きは左側、帰りは右側の席に座るのがおすすめです。朝イチのBT 、気温は3.5度。とにかく寒いが雨具は出したくないので河童橋...

7/19 槍ヶ岳1dayハイク

仕事から帰ると梅雨明けのニュース。急いで計画書を提出して家を飛び出した。今回は新穂高~樅沢岳~西鎌尾根~槍ヶ岳~飛騨沢~槍平小屋~新穂高の全長35㎞の周回コースを歩いてみる。2時40分発 笠新道手前で先行者を一人追い越す、怖さ半減。ありがたい。5時40分、鏡平山荘。朝の鏡池の逆さ槍が美しい。何度きても良い所だ。弓折乗越をすぎて残雪と穂高の絶景 7時10分、双六小屋。水を補給、夏場は水が補給できるのでありがたい...

11/16 乗鞍ハイキング

今回もパウ父の変態一人旅です。今年は山に雪が全く無いとの情報を得て、ならばと冬季閉鎖中の乗鞍スカイラインを歩いて登ってみた。高度があがるにつれて穂高岳、笠ヶ岳から西鎌尾根、槍ヶ岳までがバッチリ見えてくる。しかし情報通り稜線に雪は全く無い。今週との立山初滑りも絶望的な状況。今年は雪は大丈夫か?肉眼で見ると笠から槍、穂高、焼が良く見える。天空の完全貸切ロード、15㎞の登りも後少し。景色は最高だが人気が全...

10/16 鷲羽岳・水晶岳日帰り

初冠雪も観測されたことだし山は綺麗だろうと一眼レフ持参で百名山日帰り困難度1位の鷲羽岳・水晶岳を目指した。 このコース、新穂高スタートで全行程約42.72㎞、自身最長の山行の為不測の事態に備え冬季ビバーク装備を用意して臨んだ。 10/15非番で眠いが惰性で18時新穂高無料駐車場着、荷物の準備と夕食と晩酌を済ませてあっと言う間に爆睡。 23時に起きて膝と足首をテーピング、朝食?食べて10/16AM0時駐車場発、長い長い一日の...

9/28 黒部五郎岳日帰り

すっかりハマってしまったロングハイク、今回は全行程29.45㎞を歩き秋の黒部五郎岳をめざした。注)この記事見ているだけでも疲れます。0307発、この日は満月で山は明るく、少し安心。写真ボケてますが北ノ俣岳まで6時間、長い1日の始まりです。今日もパウ母に借りた強力ヘッデン大活躍。有名な飛越新道が想像以上の泥の道。行程の3/4は泥道で大概、踝まで埋まる。ナイトハイクはかなりリスキーである。たまに道の真ん中こんなトラ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。